お客様サポート

ドラフトチャンバー・ヒュームフード

目次

メンテナンス・定期自主検査に関する内容はこちらへ  
ドラフトチャンバー・ヒュームフードとは
実験室内で発生する有害ガス・蒸気・臭気や粉塵を、室内に分散しないように発生源で捕捉する囲い式の実験室用局所排気装置です。弊社では、実験作業に適合する各種ドラフトチャンバーを規格化し、また特殊寸法や、SUS、PVC、PP製等の特注製品に対しても設計・製作から設置施工まで一貫した体制を整えております。
海外ではヒュームフード(fumehood,fumecupboard)と呼ばれており、日本国内においても国際的な環境安全教育の観点から、ヒュームフードと呼ぶことを推奨する見解があります。
 
ドラフトチャンバーの作業面
  1. ドラフトチャンバーの作業面にはセラミック板・エポキシ・ステンレス等が用意されております。実験内容に応じて選択することができます。
  1. ■セラミック板
  2. 完全無機質の陶磁器製の堅牢な一枚板です。耐薬品性・耐浸透性にすぐれ、シミやキズがつきにくく、いつも清潔に使用できます。目地加工のない一枚板ですから細菌などの汚染の激しい作業にも適します。
  1. ■エポキシ
  2. 耐燃性と不溶性をそなえた硬質樹脂製で新しくドラフト専用に開発されたもので、耐薬品性に優れ、殺菌などの汚染の激しい実験に適した堅牢度の高い成形一枚板です。
  1. ■ステンレス(SUS304)
  2. 耐水性と強度に優れ洗浄作業や、無菌・無塵を要求されるところにも適し、いつも清潔に使用できます。耐薬品性は酸・アルカリを除いて有機溶剤には比較的安定しています。
 
制御風速
  1. 国内外での文献では、サッシの前面風速は0.3~0.75m/sの範囲であるが、各国の基準では0.5m/sが引用されています。 当社では作業の安全性・経済性の観点から制御風速を下記の通りに設定しています。
  1. ■一般的な実験を行うとき(通常)
  2. 前面上下バランス窓全開時…0.25m/s(半開時0.5m/s)
  1. ■有機溶剤中毒予防規則の適用を受ける実験のとき(有機則)
  2. 前面上下バランス窓全開時…0.48m/s(最低風速0.4m/s)
  1. ■特定化学物質等障害予防規則の適用を受ける実験のとき(特化則)
  2. 前面上下バランス窓全開時…0.6m/s(最低風速0.5m/s)
 
特長
  1. ■使い易く、機能的なドラフトチャンバーです。当社では1968年から、ドラフトチャンバーのメーカーとして、設計製作販売の実績があるため、お客様へより良いご提案をすることが可能です。
  1. ■弊社では、実験作業に適合する各種ドラフトチャンバーを規格化し、また特殊寸法や、SUS、PVC、PP製等の特注製品に対しても設計・製作から設置施工まで一貫した体制を整えております。
  1. ■ドラフトチャンバーの高さが高すぎると、扉を開けたときに、天井にぶつかってしまうことがあります。当社のドラフトチャンバーの規格は、日本の平均天井高(約2500mm)とのバランスを考え、作業がしやすい高さ850mmを規格としています。作業内容により高さ800mmをご希望される方も多くいます。弊社では、都度お客様に合わせた高さで製作可能です。
 
ラインナップ